【ARA2E】妖精の約束 byベイダー郷


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

システム:アリアンロッド2E
タイトル:妖精の約束

今回予告
温泉の街ルネス。
ここには様々な種類の温泉があり、療養や観光目的でやって来る人々が多くいる。

今日も疲れた身体を癒やすために大勢の人々が街を訪れている。
しかし、どういうわけか温泉が流れていないではないか!
あまり公にはなっていないが、この街の温泉は、首長であるシュペンガー伯が
温泉の妖精と契約したことによって成り立っている。

温泉が止まったということは、その妖精に何かあったのでは……
人々が再び温泉を楽しめるためにも、君たちは問題の解決に乗り込む。

アリアンロッド2E「妖精の約束」
これは、君の憩いの場を守るRPG


解説
アリアンロッド2Eの世界(エリン)にはルネスという温泉の街が存在します。

この街は、首長のシュペンガー伯が温泉の妖精と契約したことにより、
本来なら同じ場所に存在し得ない種類の様々な温泉が複数存在し、人々の憩いの場となっています。

シュペンガー伯が妖精と契約する際、妖精はいくつかの条件を提示します。
その一つに『街を訪問する者たちが武器を持ち込まない』というものです。

今回温泉が止まった理由の一つとして、何者かが街に武器を持ち込んだ事が挙げられるかもしれません。
(もちろん、妖精に危険が生じたなど、他の理由もあると思います)

このようなことを参考に利用してみて頂ければと思います。