【ARA2E】偽生者の夢 byベイダー郷


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目を開ける。
呼ばれた気がしたから。

顔を向ける。
自分を見つめる暖かい笑顔があったから。

耳を傾ける。
ルーチンワークのように動く機械をBGMに、自分の誕生を祝う声が聴こえる。

…。
……。
………。
…………。

目を開ける。
呼ばれた気がしたから。

顔を背ける。
自分を見る軽蔑した目があったから。

耳を塞ぐ。
ルーチンワークのように動く兵士達の銃声が響くから。


なぜ。
どうして。
どうすれば。


アリアンロッド2E「偽生者の夢」

あの時、暖かい声は自分の名を呼びました。
あの時、冷たい声は自分の名を呼びました。
「     」

自分は、僕は、私は俺はワシはワタシはわたくしはボクはうちはアタシは……

嗚呼、願わくばもう一度呼んで欲しい。
自分の名を、存在証明を。

アあ、願ワクば、もウいちど呼んデほしイ。
あの暖カイ声デ……幸せナあのバしョデ……


解説
アリアンロッドには、エクスマキナと呼ばれる意思を持つゴーレムが存在します。
そのエクスマキナは今もどこかの工場で生産され続けていますが、場所や作り方など
詳しいことは分かっていません。

エクスマキナの扱いも地域によって異なり、同じ人間として親しく接する所もあれば、
軍事兵器として奴隷のように酷使する者達もいます。

今回は、人間に兵器として酷い扱いを受けているエクスマキナを助けるお話です。
エクスマキナを酷使している組織を壊滅させたり、脱走を手助けするなど、
何かしらの方法で助けてあげてください。

シナリオフックの方にはエクスマキナに記憶障害が発生していること、
壊れかけていること、生まれた場所に帰りたいことなどが伝わる(と良いなあ)ような
描写を含んでいますが、あくまでフックですので、好きなように変更してください。