【ネクロニカ】死体女王の憂鬱 byニャギ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

永い永い後日談を紡ぎ続ける姉妹たちへ。
永く永くこの世界を生き続ける筈のドールたちへ。
刹那の気休めへと、この物語を奉げましょう。
舞台と物語を為すべき死人の女王。
知られざる黒歴史をばご紹介。

こうして。
気づきあげられた女王の楽園の中で、
愛で作り上げられた狂気を弄び、
短い短い後日談の一片を語りましょう。

この世界、刻まれるのは愛だけ。
狂気の塔に潜む、それは喜劇。
歪み捻れた愛憎の海に溺れながら、
屍少女らの物語の幕を開けよう。

永い後日談のネクロニカ
「死体女王の憂鬱」
むー!むー!(たすけて、たすけてくださいませ!)

ゾンビクイーン、バルキリー、キメラ。
それは間違いなくサヴァントであるが、
お互いに対する未練が強い想いを生み出すのであれば、
彼女たちは姉妹と何が違うというのだろうか。


解説
ゾンビクイーンへの依存が抑えられなくなったバルキリーによって
クイーンが居城の最上階に捕えられ、爛れた愛の中に埋め込まれている。

クイーンに強い想いを抱くキメラに助けを求められる。
クイーンを助けることが目的である。

バルキリーを倒すのか、それとも狂気を取り除こうとするのか、それは姉妹にかかっている。
それは土偶のように動かない人形なのか、思いを持った少女なのだろうか。