※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2016年度『虚無への食物』

2016年11月5日、6日に2B106で出店します!お楽しみに!


2015年度『その喫茶アレックス』

ついに教室から旅立ったミス研。昨年度の島流しにも負けず同じ企画を出した心意気が実委に通じたのか2A314という素晴らしい立地を確保した。学祭担曰く最初はめちゃくちゃに汚かったらしい。誰も片付けを手伝いにこなかったようで学祭前から学祭担の目は濁っていた。会員が着いた頃には丸テーブルにおしゃれな椅子が設置され完璧にカフェであった。
上階にブックカフェがあるため客の分散が予想されたが、好立地と2日目の雨、2A棟に軽食を出す企画が他になかったことにより記録に残っているミス研史上最高の売上を記録した。2日目は午前中から閉店まで満員が続き、家族連れで行列ができた(正気の沙汰ではない)。誰も昼食が取れないどころか周辺コンビニでパンを買い占めても売り切れるほどの大盛況。某会員に唆された学祭担が強気の価格設定をとったが結果的に成功であったと言える。今までが安すぎたんだ!消費増税値上げの波はミス研にも!
なお、この年から事前調理が禁止されたため代々受け継がれてきたパウンドケーキレシピからAmazonのものへと変更。せめてもの抵抗としてパウンドケーキにクリームを添えて出している。クリームをぷしゅーできるのは練習を積んだ一部の会員に限られ、全会員憧れの的である。
不幸にも(幸いにも?)新入生の参加がなかったため、打ち上げはBEER BAR「ガーリーショット」へ。

新規メニュー:パウンドケーキ(メロン、キャラメルコーヒー)/アップルパイ
事件:5ミスの缶詰/shine!shine!/雨の中自転車買い出し5往復/ホットサンド6つ~!/もう30分待ってるんですけど/飲み物しかないよ!/ミステリ好き以外お断りだ!/「Ques.」が先にはける/ハルカレシ



2014年度『ミス研の喫茶で客を想うということ』

学祭担か会長かミス研全体が何かしでかしたらしく、僻地の教室に飛ばされてしまった。初日の午前中は客引きの甲斐なく(そもそも人通りがなかった)数人の身内しか訪れなかったものの、午後と2日目は好調。会誌はすべてはけ、パウンドケーキなど食べ物も完売し早めの閉店となった。毎年恒例の残り物オークションが行われなかった。
ある女子会員が後輩の分までメイド服を用意し、色や丈もばらばらなメイドさんがうろつくカフェ内はまさにカオス。外国人などに撮影をお願いされ応じていたのだが、何故かミス研の手元に写真は1枚も残っていない。学祭担が原稿を書くときに困っていたのでなるべく写真を残しましょう。
打ち上げは焼肉「宝島」へ。

事件:「2A棟はどこですか」/性の多様性について考える/論破される5ミス/五平餅/「GPA1.5!」



2013年度『食べさせていただき光栄です』

「Ans.」で行った殊能さん追悼企画の流れでメニュー名が殊能作品のパロに。「ササミ男」や「黒いホットケーキ」が秀逸(ただし大量に売れ残った)。某会員はミス研入会志望の女子高生にだけパウンドケーキをやたら分厚く切っていた。
この年からサンドイッチが生ものとして規制される。時間はかかるもののホットサンドを焼くようになった。結果として会員たちがホットサンドにハマり、ホットサンドメーカーが増殖した。
ミス研史上に残る名言「なんか……ここは違くね?」が生まれたのはこの年。あざといキラキラ女子大生ことにょあが喫茶にキラキラサークルの仲間を呼んでしまったため起きた悲劇である。誰も悪くない。出会ってはならない者同士が出会ってしまっただけなのである。また、女子会員が増えた影響として白シャツに黒パンツというミス研伝統のカフェスタイルは破壊され、様々なメイドさんがふらふらする危ないカフェ化が始まった。訪れたOGに本気で心配されてしまう。

新規メニュ-:ホットサンド(ササミ&トマト、カレー、ハムチーズ)
事件:「なんか違くね?」

2012年度『チンシテミル ~3日間のミス・リード~』

デス・ゲームサンド(ハムサンドに4種の辛いソースがかかったもの。わさび/からし/デスソース/豆板醤)が生まれた。辛いもの以上に豆板醤がまずいと評判。
初日の雨でひたすら利益が出る。しかし打ち上げで全て使い切った。

新規メニュ―:デス・ゲームサンド

2011年度『謎解きはランチのあとで』

詐欺と名高いミス研ゴミメニュー、ビッグカツサンドの登場(現在このメニューは廃止されている)。
新規メニュー:ビッグカツサンド

2010年度『極限炊事コロシアム』

立地が悪かった。コロシアム感を出すために偽物の斧と包丁を購入。

名前:
コメント: