スタイルクラス導入や特性能力・魔術データの更新など新データの導入に伴い、基本ルールブック、上級ルールブック、アルスノトリアに記載されていないルールや裁定を記載します。


①射撃数について
⇒消耗品ではない遠隔武器の「射撃数」ルールを廃止します。制限回数が特に明記されていない場合、攻撃回数に制限は無い物とします。

②制圧射撃について
⇒「射撃数」の廃止に伴い、制圧射撃のルールを変更します。制圧射撃はこれまでどおり、制圧射撃:〇となっている遠隔武器か、二丁拳銃の効果によって制圧射撃を行うことが出来ます。
ただし、制圧射撃を行ったあとは「セットアッププロセス」で[再装填]を宣言しなければ、その遠隔武器で攻撃を行うことが出来ないものとします。[再装填]の宣言には特にアイテムは必要ありません。

③クイックリロードについて
⇒上級ルールブック19Pの特技《※クイックリロード》を取得した場合、上記の[再装填]をフリーアクションで行うことが出来るようになります。

④メインアクションの攻撃について
⇒メインアクションで攻撃を行う時、「タイミング:メインアクション」の攻撃を行う特性効果(または魔術効果)と、「タイミング:メインアクション」の攻撃を行うスタイル効果を同時に組み合わせて使用できるものとします。
ただし、
「タイミング:メインアクション」の攻撃を行うスタイル効果2つ
「タイミング:メインアクション」の攻撃を行う特性効果と魔術効果
の組み合わせは不可能とします。

⑤攻撃を行った側と、攻撃を受ける側の双方が「負傷表を任意にずらす効果」を使用した場合の処理について。
⇒双方がずらせる負傷表の数が同じだった場合、そのダメージでは双方とも負傷表をずらせません。
⇒どちらか片方が、もう片方よりも負傷表をずらせる数が多い場合、その差分だけ負傷表をずらせるものとします。
 例:攻撃を行った側が合計で負傷表を2つずらすことができ、攻撃を受ける側が負傷表を1つずらせる場合、攻撃を行った側がその差分、負傷表を1つずらすことが出来ます。