キャンペーン『10 YEARS AFTER』
システム:NW3rd


●完走の感想、あと雑記●
 まず最初にイメージしたのは、10年前のあのシーンでした。みんなでタイムカプセルを埋めるあのシーンが、10年後編の始まり…実プレイでも、構想でも、両方の意味で始まりでした。
 次に思い描いたのは、リリーが解放され、涙を浮かべてPC達に受け入れられるシーン。少し順番は前後したものの、おおよそ予定通りに事が進みました。一安心。
 そして、プレイ中ずっと思い描いていたのが、一子のあの笑顔でした。「私の願いがやっとわかった。友達になりたかったんだ」と。あの台詞を言いたいがために、10年後編を駆け抜けたと言って過言ではありません。
 いつもiPodで流して、イメージを膨らませていたのは、米倉千尋の楽曲たち。実は、各話のタイトルは米倉千尋の楽曲のタイトルから取っています。特に、『想い出がいっぱい』は、昔の曲のカバーという事もあり、耳にしたこともある人はいるんじゃないでしょうか。
 友情、宝物、約束。そして願い。そんなキーワードを胸にしつつ、走り抜けた3話。このキャンペーンが完走できたのは、いい意味でストーリーを捻じ曲げ、常にハッピーエンドに持っていったPLとPCの各位。そして僕の、捻じ曲げたストーリーを拾う力量の成せる技でしょう(下種顔)。
 低レベルでも高レベルでも、まだ10年後の物語は終わりません。だって、サメタンはヒーローになってないし、ゴータもまだまだこれからですから。
 いつか、レオンやリクや、矢矧やイクス、乱火と、サメタンやゴータが共演することを願いつつ。

 僕らのハッピーエンドは、これから先へ続いていく。ありがとう、PLのみんな。PCのみんな。これが、あなたたちが勝ち取った未来です。

2017/1/4  飛龍




導入
PCたち(NPC数人含む)は、小学校に入るか入らないかくらいの歳の頃、一緒に遊んでいたいわゆる『幼馴染』だ。
小学校ではクラスが、中学校では学校がバラバラになり、疎遠になったあなたたちだったが、ふと一人が言い出した。
『あの日の約束覚えてるか?同窓会やろうぜ。』
10年前、みんなで10年後にやろうと誓った『どうそうかい』。
10年後の今。PCたちが一同に会するが・・・?


序幕:夕焼けランドセル
第一話:Today's the day
第二話:愉快な鼓動(タイトル予定)
幕間:FRIENDS(タイトル予定)
第三話:嵐の中で輝いて~想い出がいっぱい~(タイトル予定)
第四話:未定
第五話:未定
第六話:未定

●主要NPC
  • ユータ(藤堂勇太朗) 勇者/魔剣使い
秘密基地のメンバーの一人。10年前は大人しめの男の子だった。
連絡が取れない幼馴染の一人だったが、赤の乗り手の手下となりPCたちに立ちはだかる。
1話終了時点で、PCたちに意味ありげなメールを送るが…?

  • リリー(アマリリス・プレリュード) 落とし子/侵魔召喚師
秘密基地のメンバーの一人。10年前は引っ込み思案な女の子だった。
連絡が取れない幼馴染の一人だったが、赤の乗り手の手下となりPCたちに立ちはだかる。
しかし、リリーの持つ武器は『詐術長官』のものらしい。

  • サメタン(鮫島隆) 落とし子/龍使い
秘密基地のメンバーの一人。10年前は活動的で、みんなを引っ張っていくタイプの男の子だった。
タイムカプセルの提案者。
連絡が取れない幼馴染の一人だったが、赤の乗り手の手下となりPCたちに立ちはだかる。
PCたちや、過去の事を『覚えていない』と言い、サメタンと呼ばれることを嫌う。

  • ゴータ(金剛壮太) 夢使い/電脳使い
秘密基地のメンバーの一人。10年前は物知りで、よくサメタンに懐いていた。
現在も全員の連絡先を知る、唯一の人物。同窓会の発起人。
現在は輝明学園高等部の2年生。
片手間で探偵の助手のバイトもしているという。

  • 一子(被検体01) 属性使い/電脳使い
10年前にPCたちと出会い、約束を交わしたまま離れ離れになった少女。
彼女を被検体として、モルモット同然に研究していた施設は、属性使い関連の施設らしい。
PCたちに執拗にこだわり、PCたちに赤の乗り手の魔王印を刻むため、立ちはだかる。
ヤンデレを超えたクーデレ(狂ったデレ)。


●レギュレーション
○レベルは2、経験点は20点からスタート
○以下に、持っているとGMが嬉しい設定を記載する。
  • 輝明学園秋葉原校の生徒
  • 以下の超越存在と、好意的なコネクションを持っている。併せて推奨度合も記す。
(コネクションは、PCのうち誰か一人持っていればよい。だが、複数人が持っていてもなんら問題はない。)

大変好ましい
パール・クール

好ましい
アンゼロット、フール・ムール

なんとかGMが頑張る
ベール・ゼファー、リオン・グンタ、アゼル・イヴリス

逆におすすめしない
レビュアータ、イコ・スー、ノア、エリィ・コルドン

鼻で笑って作り直しを要求する
カミーユ・カムイン、ルー・サイファー、四騎士、Tis