安達祐実フルヌードを披露


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

女優・安達祐実(32)が11月公開の映画「花宵道中」で初のフルヌードを披露して濡れ場を演じている。本人が「今までの殻を破る作品」と位置づけているだけあって、ヒット錦糸町デリヘルさせたいという意気込みはいつも以上に強い。ありとあらゆる手段を使ってでも、映画館を満杯へと導くつもりのようだ。作品は、江戸時代末期の新吉原を舞台に、遊女としての生きざまを描いている。朝霧という名の遊女を演じた安達のヌード、濡れ場が公開前から大きな話題に。先日行われたばかりのカナダ・モントリオール世界映画祭にも出品された。