青梅 蒼子

――あたしは、あたしのためにきるのよ

 


プロフィール

名前 青梅 蒼子
年齢 29歳
性別 女性
身長 172cm
体重 56kg
血液型 B型
誕生日 *
星座 *
家族 父母
一人称
趣味 音楽鑑賞、サックスを吹くこと
好物 お寿司、和菓子
苦手 色恋沙汰、他者に振り回されること

 



特徴

 長い青髪。前髪は真ん中で分けており、後ろ髪はハーフアップの三つ編みだったり、縦ロールだったりいろいろ。
 
瞳の色も青色で、やや釣り目。女性にしては筋肉質である。高身長でスレンダーなモデル体型であるが、本人は胸のサイズが控えめで、色気がないことを少しばかり気に病んでいる。

 プライベートはTシャツにジーパンという、非常にラフなものを好んでおり、スカートや露出の高い服を着ることはあまりない。
 仕事では、白いジャケットに黒い襟シャツ、白いズボン、青いネクタイという、高遠カンパニーの制服を纏っている。
 志抱と付き合ってからは、彼からもらった青いネクタイと、ピンキーリングをつけていることも。

 能力は、「水を操る」能力で、先天性。
 水質を操作したり、温度を変えて熱湯や氷に作り変えたりすることができる。

 


性格

 サバサバした姉御肌で男勝りな性格。一貫して芯が通っており、上司からは高い評価を得ている。しかし、やや自己中心的な一面も持っており、自分の思った通りに事が進まないと気が済まず、苛々してしまうことも。
 仕事に生きがいを感じているため、一途で真っ直ぐな努力家。さらに、正義感が非常に強い。そのため、仕事をしていくための最良のやり方を、他者に強引に押し付けてしまったり、損得感情で動いてしまったりすることもあり、職場では有能と崇められる一方、孤立してしまいがち。だが、彼女は特にそれを気にすることはあまりない。

 そのため、色恋沙汰にはめっぽう弱く、友人や両親から、結婚の話を持ち出されると、途端に慌てふためく様が垣間見られる。そのため、その手の知識に非常に疎くて純粋。ただし、上記のような勝気な性格であるため、志抱と出会う頃まで、男性との縁は、一ヶ月だけ付き合った朱斗以外は、ほぼ皆無に等しかった。

 趣味は、音楽鑑賞とサックスの演奏と、音楽を生業にしている両親からの影響が非常に強い。
 両親と同じ道を歩むことを勧められてはいたが、何となく両親と違うことをしてみたくなり、今の仕事に就いている。ただし、彼女自身も音楽がとても好きであり、自分の演奏できる楽器なら、ある程度の修理や手入れができる他、身体作りも欠かさないなど、趣味の域を凌駕している。
 ジャンルに好き嫌いはなく、音楽ならば何でも好む雑食。しかし、やはり両親の影響でクラシックを一番好んでいる様子。

 


人物

  • 現在は高遠カンパニーの御守神解放派に所属しているが、かつては国家組織である拘束派に所属しており、大天使の殺害が目的であると知った後に、彼を奪取して逃亡を図った。その際に、瀕死の大怪我を負うも、かつて、御守神のお守り役の家であった、風来寺家の朱斗に受け渡すことに成功している。
  • 普段は湊城の店にはおらず、高遠カンパニーで勤務しているが、たまに偵察に来ることや、客として足を運ぶこともある。
  • 朱斗は中学時代の後輩で、彼に告白されたことにより、交際をしていたが、性格の不一致や好みの違いなどにより、一ヶ月ほどで破局している。
  • 実はかなりの才女であり、学歴はかなり優秀で、文武両道である。
  • 周りに公言したことはないが、実は処女であり、所謂こじらせ系女子だが、前述の通り、彼女はあまり気にしていない。
  • 成り行きで志抱と交際をすることになるが、色恋沙汰に疎い上に、彼がヒューマノイドであることも相俟って、非常に困惑している。

 


関係

  • 風来寺 朱斗:中学時代の後輩で、一応元恋人。
  • 御守神 大天使:仕事上、守るべき人物。
  • 高遠 志抱:部下であり、恋人(?)

 


その他

  • 幼い頃から楽器に触れており、大体の楽器はできるが、中でも得意なのはサックス。自前で、ヤ●ギサワのテナーサックスと、セ●マーのアルトサックスの2本を所持。木管楽器なら、修理やメンテもある程度はこなせる。
  • 両親が著名な音楽家であり、父親はトランペット奏者、母親はオペラ歌手という、音楽に恵まれた環境で育っているため、実家は割と裕福。
  • 貧乳がコンプレックス(AからBの間くらいらしい)。