百年桜市


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

百年桜市(おうかし)は、S県某所の位置する人口約30万人の市である。市名の由来である巨大な桜の樹『百年桜』があらゆる面で中心となって栄えている都市で、県内屈指の観光都市となっている。


概要・歴史

市内には神社・寺院・旧跡・歴史的建造物が多く、古くからこの地に住む旧家や老舗店なども複数ある。長く繁栄してきた地であることが市内各所からうかがえるものの、近年までこの地に関する記述のある資料がほとんど発見されず「幻の古都」などと呼ばれていた。


百年桜

地名の由来

百年桜の伍花弁

現在の百年桜市を発展、維持させるにあたって特に貢献したと言われる著名人5人に贈られた称号。
但し、5人とされているものの公表されている名前は4人のみで、最後の一人は本人の希望により伏せられている。

・第一の花弁:桃木丑寅
・第二の花弁:霊界堂神有
・第三の花弁:青柳柱
・第四の花弁:聖園真紅
・第五の花弁:(非公開)

王華の御三家

古い文献に載っている、かつての百年桜市一帯を治めていた三名家の事。
それぞれが特化した役割を担っていたと言われている。

・土地の桃木家
・金の霊界堂家
・武力の青柳家

 


市の構造

百年桜を中心としたほぼ円形、或は角を丸めた五角形のような形をしている。
また市内の家屋や各施設はその同心円上に沿うようにたてられているものが多いため、上空から見ると多重円構造に見える。

 


観光

 


企業