【竜王の花嫁たち】用語


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※以下順不同(後で整理)

竜種

メインキャラたちの種族。

人種

物語中の世界では、脆弱だが賢く、繁殖力の高い生き物とされる。

生命の位階

この世界にある、生きとし生けるものの大分類、魂の階級。
上から順に、神・神霊・精霊・動物・芥(あくた)の5階梯が存在する。
ただし、竜種はこの5階梯の含まれない番外の存在。

生命の三要素

現界を維持する器たる肉、生命としての本質たる魂、その肉と魂を繋ぐ理(ことわり)の三要素。
この世界に生きる者は全てこの三要素のうち、最低でも一つ、大半は三つを必ず持っている。

異界の言語

主人公が時々口走る、この世界では使われていない言葉。

魔法

様々な事象を因果を省略して結果から先に実現する手法の総称。
実現する結果の分類として、二大属性・四大要素・例外、合わせて七つの小属性が存在する。

科学

因果を辿って結果を導き出す技術。人種が発達させたもの。

王妃選定の石『イヴ・リア・ファル』

竜王の妃たる器を持った女性を判別する魔道具。
対象の相手が触れればその水晶の輝き方によって潜在的な器の大きさが判る。
また主人公が触れて魔力を込めると、契りの無い、最も近くに居る相応の力を持った女性の姿と居る方角が短時間示される。
但し一度使うと込められた魔力が尽き、約丸一日は使用不能になる。
高価な魔力触媒を使用すれば連続使用も可能。